今日も夕暮れ

40代専業主婦 。
なんか始めようと思いつつ、気がつけば夕暮れ。
現在頑張らない生き方を実践中。12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

転ばぬ先の杖

「転ばぬ先の杖」

という言葉があるけれど、

私の母は転ばぬ先の杖を持たない人。


ただの運動不足から膝が痛んだのに、病院へいって、ヒアルロン酸注射をしてくれ、と指示する。

痛む度に注射した結果、膝がパンパンになり固まってしまった。

大きな病院でみてもらったら、ヒアルロン酸が原因で、膝が動かなくなったという。

患者がいうままに施術する医者にもあきれたが、知り合いがヒアルロン酸でよくなったと聞けば、自分もやってみたいと思い込む短絡さ。


何度か手術して固まったヒアルロン酸を摘出し、ようやく歩けるまでに回復した。

でも、片足を引きずるようにして歩いている。

壁を手で撫でるように体重をかけて歩く。

私や兄、叔父が杖を使うようにいうが、きかない。

使い方がわからない、という。


まるでスケートリンクで初めて滑る人みたいな歩き方。

いつかドーンと転ぶにちがいない。

杖の使い方を練習すればいいのに…。


いくら言ってもきかない。

折り畳み式の杖はあるのに、使う時は杖を持ち上げて歩いているから、荷物が増えただけになっている。


「転んでやっと気づく、杖のありがたみ」


たぶん転んであちこち骨折するのだろう。

骨がもろい高齢者は、転んだら腰や腕、足首など何カ所も骨折することが珍しくないという。

それをいっても他人事。

自分は大丈夫と思っている。


あと3ヶ月で80才ですよ。


いい加減年をとっていることを自覚してほしい。