夕暮れ日記

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

私のヤバイ夫

先週から始まった新番組「僕のヤバイ妻」


第一話を10分ほど見始めたところで旦那さんが帰宅した。

「もう、いいとこなのに(怒)」心の声。

慌てて、ご飯をよそったり、おかずを温めたりした。

早く自分の部屋でゆっくり続きをみたい。


相変わらず三人掛けソファーにどかっと横になりリモコンを見つめる旦那さん。

「あ、テレビ換えていいよ」


本当は見たいけど、旦那さんが「俺はこんなの見たくない」オーラを全開に放ってきたので、ゆずってあげた。

私が見てないと思い、容赦なくザッピング。


早く見たい。猛ダッシュで用意して、自室へ。

子どもも見たいというので、一緒に見ていた。(初回のみ9時からだったので子どもが起きていた)

子どもはすぐに撃沈。

私は最後まで見た。


一応寝てしまった時の為、ビデオをセットしておいた。

休日、子どもが「ヤバイ妻」見たい、とリクエストしてきた。

仕方なく再生した。


旦那さんは、新聞読んだりしながら興味なさげに見ていた。


ラスト10分、旦那さんが食いついた。

「これって、もう終わりじゃないの? 解決してない?」

テンション高め。

私はリアルタイムで見てたので、

「でもこの続きが本編って感じで始まるんよ。今回はエピソードゼロって感じかな」

「へぇ〜」


そして 注目の第二話。


旦那さんは、オンエアに間に合うように帰ってきた。

私は、おかずを1000Wで二皿いっぺんに温めた。

そして、すぐ自分の部屋へ行った。


5分位でご飯を食べ終わった旦那さんが、自室へ入った。


「ヤバイ妻」を見ているようだ。


同じ番組を別々の部屋で見ている。

「ナオミとカナコ」は妻が夫を殺害するドラマで、今度は夫が妻の毒殺を企てる話。

「ナオミと…」は視聴拒否したのに、今度は嬉々として見ている旦那さん。


殺意を感じた。

こんな人と一緒に暮らしていて大丈夫なんだろうか、私。