夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

毎日が禊ぎ(みそぎ)?!(・_・、)

今年はお正月に大きな神社へ行った。
毎年行こうとするけど、いつも大渋滞で途中で断念することもしばしば…。


今年は朝9時に出発! 二時間くらいで無事到着(通常は1時間)


夫の目当ては、空くじなしの開運みくじ(500円)と豚バラ串!


開運みくじは500円でおみくじを引く。申し訳程度に運勢が書いていて、その上に当選番号が書かれている。その番号の部分を切り取って巫女さんに渡すと、順位に見合った縁起物をくれる。


私が当たったのは、

↑禊(みそぎ)せっけん。


まが玉の形をしている。


使うのなんかもったいない。
シャボン玉せっけん社製。
多分この神社でしか買えない?!


この石鹸で洗えば禊ぎできるのか?!



「禊ぎとは、重大な神事にあたり、海や川の水に浸って、自ら洗い清め、罪や気枯れを祓い清めることです」


と箱に書かれている。


そういう意味だったのか。


神社も経営大変みたいだから、大手企業とコラボして、面白い商品売り出すなぁ…。


メルカリに出そうと思っていたけど、先日のメルカリトラブルでの精神的ダメージを引きずっていたの出品せず。


石鹸が無くなるまでは、毎日が禊ぎ!


獲得品は飾るものより、使える物の方が嬉しい。








こだわりキッチン小物①~~~~~

○FOB  COOPで15年くらい前に購入。
類似品が「ニトリ」で半額以下で売られていたことがあった。
持ち運べるし置いているだけでインテリアになる。






買って良かったもの(キッチングッズ)

揚げ物は油ハネがイヤなので
ついついお惣菜で済ませることがある。


とくに唐揚げ。


で、ずっと前に買っていた油ハネよけの網。テレビで紹介されていて偶然「ニトリ」で見つけて即買いした。

すっかりその存在を忘れていて、引っ張り出してまた使い始めた。


揚げている間、フライパンの上に被せる。


目の細かい餅焼き網みたいな物に柄が付いただけなのに、かなり油ハネが防げる。


クッキングヒーターに飛ぶ油も格段に少ない。


※参考までにニトリの商品説明はっときました。↓

↑少しデザインが変わったけどコスパよし。さすがお値段以上!






.

社交辞令返上

毎年年賀状に

「また会いたいね」や

「今度ランチしたいね」

など一言添える。


近くの友達ならメールなどして、年に一度くらいランチしていた。


でも遠方の友達には、なかなか具体的に会う、というところまでは行かず「社交辞令」で、ここ10年くらいすませてきた。


ところが、今年の正月 もう10年くらい会っていなかった友達から電話があった。


「最近 お友達から絶縁されたので、つつじさんからも絶縁されてるかと思った、メールしたのに未着になるし」


去年の九月にスマホに乗り換えした時、メルアドが変わってから連絡したので、メールフィルターしている人とは連絡がとれなくなってしまった。


何人かは、ショートメールで知らせたけど件数が多かったので、まだ連絡してない人がいたようだ。

電話がかかってきた友達は、遠方ということもあって送ってなかったらしい。


友達は、てっきり絶縁されたと思い込んで年賀状も出さなかったら、私からフレンドリーなコメントつきで届いたので、慌てて電話してきたようだ。


結婚して首都圏に引っ越したが、頻繁に地元に帰省しているとのこと。


週末帰るので会わないか、と言われた。


10年ぶり!? アラフォーからアラフィフ、お互いどれだけ老けたか想像すると怖い。


色々ドライブ計画を立てたが、カーナビをうまく使いこなせず行き当たりばったり!

牡蠣が美味しいシーズンなので、結局 牡蠣小屋。

初体験。

↑画像お借りしました。


↑画像お借りしました


牡蠣小屋は、席に着いたら山盛りの牡蠣がドーン! 約1kg 、ガス代として300円がテーブルチャージみたいに付く。(一人ではなく1テーブル300円)

あとは、焼き肉屋さん方式、サザエやホタテ、車エビなどを注文(一人分ではなく一盛り)

大体一盛り1000円前後。


私たちは、山盛り牡蠣(1.2kgくらい)の他、サザエ、牡蠣の味噌汁、牡蠣の炊き込み御飯、骨付きソーセージを注文。


トングと軍手、ペーパーナイフのようなもの(牡蠣こじ開け用)が用意してある。

そして、どこの牡蠣小屋も服に匂いや灰が付くのを防止するため、ジャンパーを貸してくれる。


牡蠣は、パカッと二枚貝の片方が開いたら食べ頃。

備え付けのポン酢で頂く。


正直 焼き物だけでは なかなかお腹一杯にはならない。一緒にカキフライや下足天が欲しいところだったが、揚げ物はすでに完売。


すごくリーズナブルで、美味しくて大満足!



次回 家族連れで来ようと思った。


私が行った店は屋台街のように牡蠣小屋が乱立していたので、店同士の競争激化のせいか、飲み物の持ち込みも可、缶ドリンク100円!という安さだった。


10年ぶりの友達とは話がつきず、話しても話しても時間が足りず、来月また会う約束をして別れた。


学生の頃は、電車がなくなっても互いの家に泊まりあったりできたけど、今はお互い家庭がある。


夕方5時を過ぎるとお互いソワソワ。まるでシンデレラ!


今度一緒に旅行しよう! という話にまで発展!


年をとるのも悪くないな、と思う今日この頃…。






.

メルカリトラブル その後

※長文の愚痴です。メルカリの複雑なシステムにも触れています。興味のない方はスルーして下さい。



少し前に書いたメルカリトラブルの日記↓


購入者は、返品なしの返金(333円に値切った挙げ句)を希望してきた。

そしてその後のコメント

「シミは落ちないけど使わせて頂きますm(_ _)m」

これには閉口、もちろん無視した。


それは「納得した」ということではないのか。

それなのに受け取りの評価をしない。

ちゃんと「やや傷や汚れあり」(中古)と表示して出品したのに。

(神経質な人は中古買っちゃダメ!)


よっぽど、私が見逃して説明していなかった「薄いシミ」に執着があったのだろう。



メルカリでは「評価」の催促はしてはいけないそうだ。

それで私は、

相手は「納得している」と解釈、受け取り評価をしない事はむしろ相手のペナルティーになるとの事なので放置した。


商品が届いているにも関わらず、評価もコメントもしないでいると、数日後メルカリ事務局が「お互い評価なし」で強制終了になり、代金も支払われるそうだ。

(でも、返金の申し込みを相手がしている時は不明)


私は、「普通」や「悪い」の評価がつくくらいなら「評価なし」の方がマシ、と思っていた。


ヘタにコメントして取引を長引かせるのは、時間の無駄だと思ったので、メルカリ事務局やメルカリボックス(公認のユーザー同士の相談窓口)に相談しながら対処法を考えた。


メルカリボックス(メルボ)には様々な相談がよせられていて、みなさん非常識なユーザーにお困りのようだった。


事務局に問い合わせても一向に返事はこないが、メルボはすぐさまコメントが入る。

アドバイスしてくれたユーザーさんは、どの方も優しくて「コメントすると取引が長引きますので、ひたすらじっと待ってください」や「頑張ってくださいね。またいつでもご相談ください」など、励まされるものが多く、批判的なものはなかった。


やはり「ひたすら待つ」というのが得策と思った。


相手は自分が正しいと主張していて、あくまでも客という上からの目線。

知り合いからただで譲りうけて、300円くらいのお菓子をお礼に渡した、という風には思えないのか。


シミがいやで着せたくなければ、「シミあり」と表示して500円位でまた出品すればいいだけの話。(それくらいの上乗せ再出品はメルカリも許可している)

なぜそれをしないで「返金」というユーザーが最もイヤがる単語を出してくるのか理解に苦しむ。


話をもどそう。


相手のコメントに返事をすると延々取引が終わらないらしいので、ひとまず早く終了させるため放置した。


すると、メルカリから何かしらのお知らせアラートが来たのか「評価」をしてきた。(商品到着後7日目)


本来なら、私も「評価」して終了。でも、当然相手は無視している私に「良い」の評価はつけないと思ったので、メルカリ事務局に相談した。


意外にもメルカリからすぐ回答がきた。

「相手が評価しているので、その評価は私の評価に反映される、私が評価しなければ、相手は一つ無評価になるだけ」との回答。


ならば、こっちも評価するしかない。

私は、躊躇なく

「悪い」

にした。


コメントはしなかった。


すぐさま相手からコメントが来た。

でも私は返信するつもりはないので、取引画面には移らず そのままにした。

翌日もまたコメントが来たが、読まずに放置。


私が行った『悪い』の評価に対する苦情だろう。



気分が落ち着くのを待って、自分への評価をみた。

やはり上から目線で、

「シミがありました。誰でも見落としはあるから仕方ないですが、最初は丁寧だったのに突然連絡がとれず???だったのでこの評価です」


案の定「普通」評価。

どこまでも購入者主体の姿勢。


メルカリはあくまでも「フリマ」。返品だの返金だの、まるで顧客のような振る舞い。

法人の取引はルール違反なのだから、営利目的で販売していると勘違いされては困る。(儲けなんてない)


私は、その購入者をブロックし、コメントも返さないでいる。

相手の最後のコメントからもうじき二週間。

二週間コメントなどのやりとりがなければ、終了できる。

そして売上金の残高や出品物がなければ、メルカリを退会できる。


退会の準備は整えた。


退会したら、また登録できるかどうかわからないけど、今は「メルカリこりごり感」の方が強い。


欲しいものがあれば、Amazon、楽天で買うし。

ヤフオク!だってある。


最後に、とても不愉快な思いをしたが、色んな人がいる、という事を学んだ。


と同時に人の優しさにも触れた。


この経験を必ず生かそう! と思った。


※色々調べていてわかったことですが、トラブル中はメルカリ事務局は介入しないようです。当事者間での解決を待つようです。でも、出品者、購入者両方のコメントや取引履歴を見て監視しているので、「『つつじ』!「普通」評価つけられたよ! すぐ評価しな!」という思いで、速攻事務局からコメントがきたのでは? と解釈しました。





(おわり)


.

「知らないあなた」へのおくり物

ついに娘の髪が、腰まで伸びた。

測ってみると、35cmくらいある。

もうそろそろ切り時?


でもヘアドネーション(ガンで脱毛した子ども用のウイッグを寄付された髪だけで作って贈る活動)の協力店が少なく、行ったことのない初めての店に予約を入れて行くのも…。


しかしそんな事は言っていられない。

なぜなら、娘は

「ヘアドネーション」をテーマに冬休みの作文を書くらしく、カットしなければ宿題の提出ができない。


う~ん、私が切る!か。


床に新聞紙を敷いて、丸椅子を置き、娘を座らせる。

髪をネームペンの「マイネーム」くらいの太さの束に束ねてはゴムで止める。それを繰り返す。娘は毛量が多いのでマイネームが5本できた。


そして、毛先からメジャーをあて、32cmほどのところにハサミを入れる。

ジョキジョキ!!


初めは緊張したけど、切り始めたら あとは勢い。


あっという間に5本の毛束ができた。

移動中に絡み合わないよう、真ん中もゴムで縛った。


髪の扱い方や送付先などをネットで調べる。

毛束はジプロックに入れた。


「ドナーシート」なるもの(ダウンロードしてプリント)に記入し、その用紙と髪を入れ、大きめ封筒に入れて郵便局へ。


送料は意外にも安かった(普通郵便205 円)。


娘の髪は毛先がガタガタでとても外を歩ける状態ではなかった。それで、翌日の朝一番で行き着けの美容室へ。


ちょうど「東京タラレバ娘」の吉高由里子みたいになった。



そして娘は、『「知らないあなた」へのおくり物』というタイトルで作文を書き、今朝自信たっぷりに登校した。






.