夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

義母の誤算

義父はセカンドハウス(リゾートマンション)を持っている。

正しくは持っていた。

最近手放したから。


そのマンションは、亡くなった義母がゴルフ用(マンションの隣がゴルフ場)に使っていたもの。


義母が生前言っていた。

「お父さんが死んだらローンがなくなるから私のものになる。だから買ったの」


そのお義母さんも、計画に反して十年前に亡くなった。


定年退職して年金暮らしになった義父にとって、毎月のローンは大変だったと思う。

バブルの頃に新築で買っているので高額。


お義母さんがなくなって使われなくなったマンション、どうするのか数年前、義父に聞いた。

がめつい義父は、ローンが1700万残っているから、その金額で売りに出していると言った。


築24年のマンションがそんな金額で売れるわけがない。


大規模外壁塗装を終えたせいか管理費や修繕費もかなり高い。


少し値を下げてでも早く売った方がいいのに。


愛する妻が買ったマンション、インテリアも食器も妻のセンス。思い出がたくさん詰まった部屋。なんとか残したい、そう思ったのか、損するくらいなら売るもんか、おそらく後者。


ここ数年、義父はそのマンションの使用を有料化し、子どもであろうが親戚であろうが一泊一人千円を徴収していた。

(わが家の場合、4人家族なので一泊4000円。利用が重なるといけないので義父に使う日を申告しなければいけない。→タダで使えない。利用料が高いので結果、誰も行かなくなった。)


マンションを持っていると、ローンに税金、管理費、駐車場代と維持費もかかる。ついに義父は、安い値段で手放した。

案の定、売り損が出たらしい。


孫に入学祝も誕生日プレゼントも買わないどケチが、こんなところで大損している。

結局手放すことになるならさっさと売ればよかったのに…。

家は築年数が少ない方が確実に高く売れる。


3500万くらいで買ったマンション、ローンと金利、維持費でおそらく4000万くらいは支払っているだろう。

でもまだ借金が残っている。


義父が先に死んだら財産になるとあてこんで義母が買った不動産。

順番が違ったので財産どころかお荷物。


売れても借金は残る不良物件だけど、それでも売らなきゃいけない懐事情か。


住まないマンションはいらない。

そこに気づくのに10年は、ちょっと長いと思う。





.

スープジャーデビュー

遅ればせながらスープジャーデビューした。


きっかけは近所のスーパーのキャンペーン。千円で一枚もらえるシールを集めると、スープジャーがお得に買える。

13枚貯めて1700円のスープジャーを買った。

1700円ならまぁ、失敗してもいっか。THERMOSだと2400円くらいする。


そしてノーブランドのスープジャーを使ったら好評だったので、息子用にもう一個。


生米から作る玉子粥に挑戦。


◎米入れるところ、撮りわすれてしまったので、出来上がりから。


①スープジャーに米大さじ三杯入れて水でとぎ、水をすてる。

②①に熱湯を入れて1分ほど温めて、お湯を捨てる(お米が流れ出ないよう注意)

③卵を常温にして、溶いておく。

↑ダイソーで売っていた、キューブタイプの固形スープ一個使用。フリーズドライのスープの素でもよい。


④③の卵、固形スープ、熱湯を入れる(ジャーの8~9分目)

⑤保温用に、ミニタオルなどで本体を包んでケースに入れる。

⑥6時間くらい放置して出来上がり。


卵を入れて若干温度が下がったのか、放置時間が不足したのか、少しアルデンテのお粥。


でもコンビニで売っている「玉子粥」とほとんど同じものが出来上がった。


スープジャー用の箸スプーンセットも購入。←このスプーン優れもの!


寒い時に、温かいお粥ランチ(出来立て)が食べられるなんてすごい。


※ちなみに長男用サーモスは近くのホームセンターの現品限りの新古品(税込1500円)。






.

プラチナカードへの道②

11月の初旬に、夫がネットのバナーからアメックス ゴールドカードに申し込んだ。

ネットは、郵送と違い入力画面からいきなり審査に移るので、とにかく早い。


申し込みをして、数分で「審査完了」の返事が来た。

あとはカードが届くのを待つのみ。


二週間くらいかかると聞いていたけど、届いたのは申し込みをしてから5日目だった。


簡易書留でくると思ったら「本人指定郵便」という特別な郵便で来た。

本人しか受け取れない(家族もダメ)ので、郵便物と免許証を持ってカードが保管されている郵便局まで行く。


無事ゲット。↓アメックス社製。

↓こちらはセゾン社製。

同じゴールドカードでもデザインが違う、なんで今まで気づかなかったんだろう。


そして、アメックスの会員ページにアクセスして、そちらからプライオリティパス(無料で作れる)を申し込んだ。


プライオリティパスは、国際空港などにある会員制のラウンジが利用できるカード。

プライオリティパスだけ単独で加入することもできる。

アメックスのゴールドに入っていれば、無料でこちらのカードが申し込める。


そして、実際にラウンジを使う際、年に二回まで無料でこの会員制ラウンジを使うことができる。


二回を過ぎたら当然利用料を払わないといけないけど。

因みに利用料は、$32(米ドル)。

ドリンク類(ビール)、軽食、スナック無料、シャワー完備。マッサージ機あり。WIFIも使える。時間制限がある場合は三時間くらいまで無料。


東南アジアからの帰りの便は深夜に設定されていることが多く、夜中の2時くらいまでどうやって休んだらいいやら困っていた。

ソファはすでにたくさんの人で占領されているし、手荷物を床に置いてうたた寝するのも不用心。


そんな不便さから、今度行くときはあのラウンジを使いたいなと思っていた。


アメックスゴールドは、セゾンゴールドとは違い、国内のラウンジも無料で使えるので、次回からは国内線もドリンク飲み放題。


一番のお得は、海外旅行の障害保険が無料でついてくること。家族4人分網羅されるので、AIUなどの空港で加入する保険が不要。それだけでも十分年会費のもとがとれる。


海外に行く機会があれば、事前に加入しておくといいと思う。(初年度会費無料の場合あり→帰国後解約もOK)



備えあれば憂いなし。




.

電源入れてないのにしゃべるスマホ

ローカルの深夜番組を見た。

関西のテレビ(全国放送している)の『探偵ナイトスクープ』のもっとローカルなやつ。


依頼者が『お願い事』を番組にリクエストし、採用されたらタレントが解決しにいく、という制作費がほとんどかかっていない全編ロケの番組。


この間の放送は、かなり衝撃的だった。

依頼者のお父さんが中古のスマホを買って使っていたら、何もしてないのにしゃべる、という。


怖いので長女に預けた。長女の手に渡ったにも関わらず、またしゃべったらしい。

怖くなって長女は、次女に託した。

次女に託されたスマホは、またまたしゃべったそうな。

通話できる状態でもないのに勝手にしゃべるのか。

スマホ修理のプロが中を調べたけど異常なし。

しゃべる言葉は、

次女が自分のスマホが見当たらないので、探していたら例のスマホが

「かければ?!」

と言ったという。

ほかにも

「ほらね!」

とか。


そのスマホはいつも一言。上から目線的な発言で、まるで自分たちの行動をみているかのようだという。


番組の後半、ついに霊媒師登場。

霊媒師が中古のスマホ見るなり、

「生き霊ですね。」


そのスマホは画面が壊れバキバキになっていた。

霊媒師曰わく、壊れたスマホは霊を呼び込みやすいので使わない方がいい、とのこと。


そして、勝手にしゃべるスマホの声の主は、長女&次女から袖にされた男たちの怨みだそう。

長女も次女もヤンキー風で気が強そうなタイプ。(中島美嘉風と加藤ミリヤ風)


霊媒師は、「男の人を小馬鹿にしたような物言いをしたことないですか?」

次女「あー、あります、心当たりあります」

霊媒師「その人の念が言霊となって中にただよい、スマホを通して聞こえてくるのです。特に壊れたスマホはキャッチしやすいです。」


おそろしや、壊れたスマホ。


ほんとにしゃべったのか、幻聴に近いものなのかはわからないけど怖い。

自分にしか聞こえないとか、自分にしか見えないとかはあるかもしれない。

自分の過去の言動(無意識に後悔している?!)が、罪悪感や不安感として内側の自分に語りかけているのかも。


罪悪感や悔いが残るような言動はやめよう。




.

「合う」「合わない」はある

去年と今年、子どもの学校のPTAの役員をした。

今年のバザーが終わったので私たちの任期も終了。身分証と校内駐車許可証を返却したので、もう学校へ行く用事もない。


まだ仕事が残っている時は「考えないようにしていた」ことがある。


部長さんのこと。

やっぱり苦手だ。

副部長の私は、部長の意向を尊重しつつも役員の立場を考え、常に板挟み。精神的な負担は大きかった。


もう部長さんに気を使う必要がなくなった今、私の心は潮がひくように部長から離れてしまった。

役員任期中は「苦手意識」を捨て舎弟になりきっていた、と思う。


部長からのLINEが来るとすぐさまチェック、絵文字やスタンプを多用し、ウェルカム感をアピールした。

私たちはすごくうまくやれている、すべて錯覚と思い込みだった。


任期を終えた今、部長からのLINE(役員の残務処理)が来ると、不愉快な気持ちになり、しばらくLINEを開けない。

いったい何?!(怒)

気持ちを落ち着かせる時間がいる。


何から何まで人に頼りっぱなしで、任期が終わってもいちいち細かいことを聞いてくる。自分で判断できないの?!


部長がどんな人かよくわからずに一緒に仕事をするようになり、実際向いていないな、と感じながらも途中でチェンジ出来ず、なんとか気持ちにフタをしながらやってきた。


これは、別れ際の恋人同士か夫婦か、というくらいの気持ちの離れようだ。


好きな人とお付き合いに発展しそうな時は相手に合わせようとする、あれだ。


before

「今度飲みに行こうか。いつがいい?」

「いつでも大丈夫です!(笑)」


after

「今度いつ会える?」

「今仕事が忙しいから連絡するね」


今の私はafterの気分。


役員の仕事は終わったけど、あと役員同士の打ち上げ(食事会)が4回も残っている。


部長がフルで参加するから気が重いのだと思う。

久々に感じる「苦手なママ友」感覚。


時がたつのを待つしかないのだけど。




.