夕暮れ日記

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

ブラックパート卒業!

※ブラックパートの愚痴グチ内容につき閲覧注意です。ご気分を害されそうな方はスルーして下さい。





昨日でつらかったパートは終了。


これからは、健康面と家庭優先で健全なところを探そう。


先日お中元のバイトの問い合わせをしたら、やっぱり車勤務は厳しかった。

従業員用の駐車場はない、とのこと。

どうしても車で、というのなら近隣駐車場を借りることになるらしく、駐車場代が月3000円お給料から引かれる。

月に何日使っても3000円。


交通費、ガソリン代も出ない。

しかも従業員用の駐車場から店舗まで20分以上歩く。


無理だな。


諦めた。


しばらくはゆっくり腰を治療し、じっくり探そう。


今回「臨時職員募集」という言葉に騙された。

公園なので、春夏の忙しい時だけの期間限定のパートだと思いこんでいた。

でも全然「臨時」じゃなかった。


臨時、と謳っていたのは、使えない人だった場合、半年で切れる、使えそうと思ったら半年更新でエンドレス。

要はふるいにかけるため。




昨日は、外の売店、一人で売り子業務だった。


そして退勤時、出勤簿記入の為、事務所に行ったら、上司 I から説得が入った。

責任者Kから頼まれた、という。(K不在により)


「つつじさんからは退職願もらってないから、まだ少し頑張ってくれる可能性があるなら、仕事内容を改善する」と伝言された、という。

6月以降少しでいいから、入って欲しい、と。


よっぽど人がいないのだ。

(だったら大事にすればいいのに)


でも私の答えはひとつ。

「体調が悪いので、腰の痛みがなくなってからでないと、何とも言えません。」

と答えた。


実際、立ちっぱなし(中腰)か、1日中データの入力。出勤する日は、ほぼそれ。(職員のフォローで雇われてるわけだから暇な日に呼ぶわけない)


こんなんじゃ絶対腰治らない。



Kは、「事務所は大変だから長続きしない」というネガティブキャンペーンをなんとしてでも払拭したいようだ。


「つつじさんは体調不良でしばらくお休み」としておいた方が都合がいいのだ。


そのうち私のことなど、すっかり忘れるだろう。

きっと電話もしてこない。


要は「辞められた!」という事実が広まることを恐れているだけ。


その辺の大人の事情を汲み取り「休職扱い」で落ち着かせた。

「退職する」と言ったら、絶対帰るの遅くなるし。



でも、もう二度と行かないけどね。





※長文お付き合いいただき、感謝です。

.