夕暮れ日記

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

帰宅恐怖症

きのうローカルテレビ(夕方バラエティー情報番組)を見ていたら、最近帰宅恐怖症の男性が増えているという。

「妻が怖い」


プレミアムフライデーを敵に回す衝撃的な言葉。


MCの女性が

「知り合いにいます」

と発言し、

自宅付近の公園で、その男性が一人ブランコに乗り何をするでもなく、ぼんやりしていたので理由を尋ねたら

「妻が寝るまで待っている。灯りが消えたら家に帰る」

と言ったそう。

男性がいたのは、自宅マンションの前の公園。

公園から自宅の灯りが消えるのを待っているのだ。


パチンコ行くとか、映画見るとか、スポーツジムに行くとか、ほかにも時間つぶしする方法あるのに、という意見に

「時間つぶしするのにもお金かかるでしょ。公園ならタダだから…。」


悲しすぎる。


その背景には、専業主婦が主流だった一世代前の、つまり親世代と、共働きが主流の現代とで、夫の立場が変わったからだという。


夫は、家事や育児をどう手伝ったらいいのかわからず、妻も夫にどうしてほしいのか的確に意思表示できず、お互いにギクシャクしているのでは? との事だった。


昔と違い、夫と妻の役割分担が曖昧な今、ちゃんとコミュニケーションとらないと、家庭内別居になりかねない。


帰宅恐怖症の解決策は、妻に

「妻が怖い」

と正直に言うことだという。


そんな事言ったら、それこそ一触即発になりそうだけど。




で、昨日夫が4日ぶりに出張から帰宅。

帰宅するなり、

「あー、やっぱり家が一番!」


ご飯食べて、すでに沸いている、バブ入りのお風呂でリフレッシュしていた。


夫はまだ帰宅恐怖症じゃないらしい。


そのうち

「つつじが怖い」


といわれそう。






.