夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

物置きの驚きの効果

あまりご近所のことは書かないようにしているのだけど…。


お隣は60代の夫婦二人暮らし。


旦那さん(オッサン)がちょっとおかしい、普通ではない。

そうなるには理由があるから周囲はあまり厳しいことは言わずに、我慢しているのだけれど。


思い過ごしかもしれないけど 、オッサンがいつも我が家を見ている気がする。

オッサンは、なぜか勝手口でタバコを吸う。

お隣の勝手口は、つまり我が家のメインの庭と柵ひとつでつながっているから、まさに庭に人が立っている状況。


常にこちら側を見ながらタバコを吸っている。

そして、そのタバコの吸い殻は、道路に捨てている。タバコの箱の包みは、なんとわが家の庭にポイッ。


自分ちの庭木の枯れ葉も我が家の庭に捨てている。


何より不愉快なのは、タバコ吸いながらむせて、えずく声がでかい。

それは、深夜1時であったり、早朝4時であったり…、寝ていても飛び起きる程の大音量。

「わざとですか?」というくらい。

シーンと静まり返っているから余計響く。


ずっと我慢している。


塀を作ろうかとも思ったけど、30万円近くかかるし「見るな」と

あからさまに主張しているのがバレて、余計オッサンの反感を買うような気がした。


それで、アウトドアグッズやガーデニンググッズも増えたので、この際大きめの物置をお隣との境に置くことにした。


かなり長いものにしたので、物置ですっぽりとお隣の喫煙所は隠れた。

完璧なパーテーションだ。


そしたら、今まで毎日えずいていたオッサンの声がピタリと止んだ。

巨大な物置の出現により、もう我が家を覗くことができないので、タバコは室内で吸っているのだろうか。


雨の日も雪の日も、暑い日も、毎日何度とタバコを吸っていたのに…。


もしくは、物置が思いのほか防音効果が高いのか。


物置で庭が狭くなるのが嫌だったのだけど、物置のスペースは庭木を抜いて確保したので、狭くなることはなかった。

それでも、まだ完全に隣との境の目隠しができた訳ではないので、今後も手を入れていこうと思う。


物置の横にラティスを設置し、つる性の植物をはわせる予定。


いやなオッサンの姿が視界から消えて、とっても快適。


※オッサンは、夏場 純白のブリーフ一丁でタバコを吸います。公道からは見えない位置なので、我が家にわざと見せているとしか思えませんでした。



もっと早く物置(ヨドコウ)置けばよかった。





.