夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

仕事開始

6月半ばから仕事が入っていた。5月からまた腰痛が激しくなったので、仕事断ろうか迷っていた。


仕事開始してから「やっぱりできません」は大迷惑。


でも、仕事が入っているから何がなんでも体づくり頑張る、というのもありなんじゃないか。

とりあえず1か月ある!ということで5月から、リハビリとウォーキング頑張った。


でも やはり劇的によくならない。

仕事開始まであと三週間、というところで病院のお世話に。


病院では一応レントゲンをとり、痛みの原因をさぐる。

異常なし……。

「運動不足でしょう」

と言われた。


運動不足には間違いない、筋力は年とともに落ちているから、かなり意識的に運動しないと。


病院では電気刺激で血行をよくし、ストレッチの指導を受けた。そして大量の湿布と鎮痛剤をもらった。


「二週間頑張ってもまだ痛みがとれなかったら来てください」

と言われた。


二週間後、痛みがとれてる姿が想像できない。


それでもとりあえず二週間がんばってみた。

不思議と体が軽くなり、日中寝てばかりだったのが、無理なく動き回れるようになった。


これなら仕事できるかも…。


仕事キャンセルするのはやめて、ケアをしながら、任期期間中頑張ろうと思う。


私みたいに、腰痛を理由に仕事しないで済む人はいいけど、世の中には辛くても、薬飲みながら働かざるをえない人もいる。

腰痛を理由にしていたら、何もできなくなる。


少し考えを変えた。

腰痛があるから諦めるのではなく、腰痛が出ないように生活をかえる。


もしガンなどの病気になったとして「病気だからあれもできない、これもできない」と言い訳するより、ガンに負けない精神を作るのも大事。ガン患者として生きる。


健康だったもとの体に戻ることはない。ならばこれ以上悪化させず、上手に付き合う。

できることを探す。


仕事初日は、さほどする事がなく、わざわざ私のために雑用を作ってもらった。

それも申し訳ないので、資料を読んだりパソコン操作のシミュレーションしたり…。


夕方ちょっと腰が痛くなったけど、なんとか持ちこたえた。


家にいても時間がたつのが早いが、外にいてもあっという間。誰か言ってた。

「年齢と同じ時速で時がたつ。30才なら時速30km、50才なら時速50 km」

子供の時は、たしかにゆっくりだった。


毎日きちんとした服を着て、お化粧もして、ヒール靴はいて…。面倒くさいけど、こういうのも必要なのかもしれない。

ひきこもりもいい加減にしないと。





.