夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

続・夫自慢の女

久しぶりに「夫自慢の女」のブログにお邪魔した。

「夫自慢の女」参照→http://hikky.muragon.com/entry/17.html

プロフィール写真が更新されていた。


最新記事は、「プロのカメラマンの撮影会に行ってきました〜! 」というものだったので、

そのプロが撮ったものだろう。

今までは斜め45度からの自撮りだったが、プロが撮ったと思しき写真は、バストアップ。(上半身写真)


横向きで目線を正面に向け、風を送って動きを出したプロ仕様。

明らかに、VERYとかSTORYとかの表紙を意識している。


元CAなので、ふだんは引っ詰め、やや低めのポニーテール。

ところが、今回珍しく髪を垂らしている。

セミロングで、ふぁ〜っとボリュームがある。


多分 今35歳くらいだと思うが、この髪型は やはり老けて見える。

マダムって感じ。あれ、タレ目だったっけ。

いつもこめかみを引っ張り上げているからわからなかったのかな。

いつものキリッと感がない。


引っ詰めは薄毛の原因とも聞くが、アップができなくなって、

髪をほどいたら、皮膚がたるんだ自分を受け入れられるのだろうか。


どんどんエスカレートして、ヒアルロン酸とか、リフトアップとか

それこそ醜態恐怖症とかにならなきゃいいけど…。

余計な心配ばかりしてしまう。


私は、顔の造作では美しい人に勝てないが、

姿勢や髪、足は、頑張ればなんとかなりそうな気がして、少し頑張っている。


シャンプーは、店舗販売していない通販限定商品(リスブランの「めどき」、富士フィルム「アスタリフト」など)

リンスはしない。

ドライヤーは、水原希子がCMしている Panasonicのナノイーを愛用。

おかげで、パサつきなし静電気なし、枝毛も切れ毛も無し、雨の日に広がるという経験もゼロ。

ドライヤー後もしっとり。


美容師さんからは「縮毛矯正してますよね」と言われる。


膝下は、たまにクエン酸で自分でピーリングしている。

古い角質やウロコみたいな色素沈着がみるみる消える。


ふだんはジャージだけど、足はいつでも出せるようスタンバイしているのだ。


吉永小百合は無理だけど、佐伯チズにならなれるかもしれない。

いつかあんなおばあちゃんになりたい…。

見栄っ張りの女

「秘密主義の八方美人」で書いた監督夫人と同様、ママ友にもう一人強烈なキャラの

見栄っ張りがいる。

そちらもママ友歴10年以上。 現在進行形、子どもの学校が一緒だ。


去年の夏に手痛い仕打ちを受けてから、疎遠にしている。


とにかく見栄っ張り。日常的に嘘をついている。しかも すぐにバレる嘘ばかり。


学校行事の時は、ママ友数人に声をかけてランチする。(なぜか私がいつも幹事)

でも去年、私は仲のいいママ友一人だけランチに誘った。

見栄っ張り女と遭遇したくなかったから。

(築70年の家に住んでいるから、以下「古民家の女」と呼ぶ)


「古民家の女」は、80年代のバブルを今もひきづっている。

銀座で昔OLをしていた、という事が彼女にとって過去の栄光。

みんなには「第一勧銀(現みずほ銀行)の元行員」と言っていたが、ホントは同じ系列の信託銀行(現みずほ信託銀行)。

こんな嘘は序の口で、最近の嘘は値段のサバ読み。



「古民家の女」の子どもは、病気がちでよく学校から呼び出される。

保健室から呼び出された時は、校内への車両乗り入れが許される。


彼女の愛車は、15年以上も乗ってる中古のフィット (義理母の形見分け)。

ろくに手入れしないので塗装の劣化がひどく、ボンネットは水垢が浮き出たように白っぽくて汚い。

初期モデル⁉︎ 今のフィットとフォルムが違う。


その年代物のコンパクトカーを学校関係者に見られるのが恥ずかしいらしく、ちょっと前にBMWに買い換えた。


私には、真っ先にメールで報告。

「車買い換えたのよ〜、BMよ、今度乗せてあげる♡」


早速 黒のBMで用もないのにやってきた。上機嫌。


いつものことだが、人んちの前に横付けしてるくせにインターホンは押さない。

車内から、携帯で呼びつける。電話を取ると、

「今どこにいると思う? ◯◯さんちの前」

私は携帯で通話しながら、玄関へ。

向こうは車から降りもせず、サングラスしたまま パワーウィンドウを下げる。


家に入る事もあるが、通りかかっただけ、とすぐに立ち去る時もある。


ある時 恐る恐る聞いてみた。

私 「BMって高いんでしょう。いくらくらいするの?」


すると、思ってもない答えが返ってきた。


古民家「ううん、中古だから、格安だったわよ!」

私 「格安っていっても外車だもんね…。私には想像つかない。」

古民家「実はね、100万」

私 「えっ! そんな値段で買えるの?」


本当にびっくりした。もちろん新車ではない。2年おち。

私の軽より安い。


私 「キャッシュだから安くしてくれたの?」

古民家「ううん、キャッシュじゃないよ。ローン(頭金3万)」

私 「えッ!!」

古民家「ディーラーでローン組もうと思ったら、金利が5%っていうから銀行で借りた」

私 「えッ!!!????」

タダでもらったボロボロのフィットに乗ってて、買い換え用の貯金もしていない。

あきれ果てて、開いた口が塞がらなかった。


そして話は戻るが、仲良しママとのランチ中に、さらにあきれる事があった。


Iさん「そういえば、古民家さん車BMに買い換えたんだってね。お金あるよね〜」

私 「うん、前のがみっともなかったからね。でも そのBM 100万だってよ」

Iさん「えッ⁈ ウッソー、100万⁉︎ 300万って言ってたよ。もっとするけど、新古車だから格安の300万にしてくれたって」


新古車なはずがない。車検があと1年残ってるっていってたもん。

また、嘘ついてる。


しょっちゅう会う私には正直に言うが、たまにしか会わない人には、大きな風呂敷を広げるのだ。

こういうところが大嫌い。


私の耳に入らないところでならいいが、ママ友ネットワークの中ではホントにやめてほしい。

なんか私が秘密を暴露しているみたいな構図になる。


でも「そうそう300万の新古車よ!」とは言えない。だって嘘だもん。


そんなわけで、やっぱりママ友は面倒くさい。

今は、古民家さんに会わぬよう じっと身を潜めている。




.

いっしょに乗らないで…。

珪藻土のバスマットを買った。


以前から欲しかったけれど、高くて手が出なかった。


ルミエールの特売で、Lサイズが税込1890円。


この値段 なら布製のと大差ないので、万一ガッカリ品質だったとしても

それほど惜しくない。


早速使ってみた。


確かに水気を良く吸い取る。


誰かの次でも本当にサラッとしていて、

使用後マットのあのなんともいえないじっとり感がない。


立て続け4人分の足裏水分を瞬時に吸収してくれた。


使い終わったら壁に立てかけて風通し。


でも長く使うと石の隙間が目詰まりして、吸収力が落ちるらしい。

その研磨用にサンドペーパーがあらかじめ同梱されている。

その点はちょっと面倒くさい。


でも一つだけ想定外の問題点を発見した。

荷重制限がある。

120kg。


一人ずつ乗る分にはいいが、旦那さんプラス子どもはアウト!

所詮、軽石の目が細かくなったような石。


重さには弱いらしい。


くれぐれも一緒に乗らないで‼︎

お天気つながり

朝ドラは「あまちゃん」以来毎日欠かさず見ている。

動物的勘で、奇跡的に第1話を見たから。

すぐにハマった。


私は、ドラマを見る時 まず脚本家で選ぶ。

そうするとあまりハズレがない。一番好きなのは、井上 由美子。

宮藤官九郎は「流星の絆」がよかった。


子どもたちが、朝6時半に登校してくれるので、その後はフリータイム。


朝ご飯をゆっくり食べ、至福のひと時が始まる…。


BS NHKで、一足早く朝ドラが見られる事に気づき、7時30分にチャンネルを合わせる。

すると、アーカイブ作品のお尻の部分がどうしても重なる。

気になるので、7時15分から2本立てで見る事にした。


今「どんど晴れ」(比嘉愛美 主演)をやっている。

が、もうすぐ終わる。


惰性で見続けてしまったが、可もなく不可もなく、といった感じ。

次の作品に期待しよう。


半年も見てスカだと時間の無駄なので、ネットで調べる事にした。

過去作品は事前に評判がわかるのでありがたい。


次回作は、「てるてる家族」、石原さとみ主演。

「?」

頭の片隅にさえ記憶がない。

見るのやめようかな、と思っていたけど意外に評判がいい。


再放送リクエスト 第1位だったらしい。

見てみる事にした。


作詞家のなかにし礼さん著「てるてる坊主の照子さん」が基だそう。

奥さんの石田ゆりさんは宝塚ご出身とのことで、お姉さんはいしだあゆみ。

成功者の物語。


朝から暗い話より、明るい大阪弁を聞けるのは嬉しい。


そういうわけで、「どんど晴れ」「てるてる家族」と偶然なのか、お天気つながりになってる。


「ごちそうさん」をやっている時、夜のBS NHKでは「ごふこうさん」をやっていた。

NHKって意外とこういう「連想ゲーム」的なことが好きなんだな。

私も嫌いじゃないです。(^_^*)

座右の銘⁈

娘が小2の時の担任教師から、いい言葉を教わった。


簡単なことや楽なことの中に、もう宝は残っていません。

難しいことや面倒なことの中に、宝はたくさん眠っています。


なるほど〜、さすが 教師、いい言葉。


この先生は若いのに本当に含蓄がある。


私はこの言葉を毛筆で紙に書き、トイレの壁に貼っている。


楽な方へ楽な方へと心が揺れる私は、もう宝を掘り尽くしたのかもしれないな、

などと妙に納得しながら、トイレの度に見ている。


ある時、トイレの扉が開いていたので、閉めようとして近づいたら娘が入っていた。

娘は、窓の方をじーっと見つめていて、私に気づかない。


動きが不自然だったので、どうしたのかと尋ねたら、


「あの筆で書いたヤツ お札みたいで怖い……。」


とのこと。怖くて目線を合わせられないようだ。

達筆すぎたかな…。


今度パソコンで丸ゴシック体で打ち出して貼り直しとくよ(ーー;)