夕暮れ日記

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

河童おじさん

職場に去年までタンカーに乗っていた元船員さん(バイト)がいる。

年は70 才くらい。

ものすごいおしゃべり(>_<)


私は今パートで公共施設の広報部にいるので、チラシ類の発送業務に追われている。


30万部くらいのチラシを発送しまくる。


で、手が足りない時、元船員さんのおじさんに雑用を頼んでいるようだ。


そのおじさんのおしゃべりは止まらない。

6時間くらいずっとしゃべり続ける。

相づちも大変。


チラシを数えていても平気で話しかける。

発送リストとにらめっこして、チェックしていても、普通にどうでもいい私語に持ち込む。


この間、若い男性社員(パソコン入力中)に、

「○○(男性社員)さんの夢は何ですか? 目標じゃないよ、夢よ!」

と、トンチンカンな質問をしていた。


そして おじさん、

「僕の夢はね、宇宙に行くこと! 毎日楽しいよー」


12 日間連続出勤でヘロヘロなのに、その男性社員は、丁寧に応えてあげていた。


えらい。


このおじさんとまた一緒に発送作業やらなきゃいけないのかと思うと、かなり気が滅入る。


おじさん、ずっと船の中で働いていたので、丘にあがった河童暮らしがかなり新鮮で楽しいらしい。


欧米人なみのテンションの高さ、陽気さ、元気の押し売りはまわりが疲れる。

そういえば、「あまちゃん」の蟹江敬三さん演じる忠兵さんもちょっと浮き世離れしてたなぁ…。







.