夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

「終わった人…義父の場合」

夫がこの前、ネットで酒を注文し夫の父に送っていた。

「4000円の酒、父の日のプレゼントで送ったから」


私「うん」


夫の父は、父の日プレゼント、誕生日プレゼント、中元、お歳暮と世間で行われる贈り物のやりとりはほぼ欲しがる。

子どもや孫にはほとんど渡さないのに。

夫の父からもらうものといえば、正月のお年玉。小6と中2の私たちの子へそれぞれ1000円ずつ!


しかももったいぶる。


「年玉欲しいもんは、一列に並べ!」

そして孫一人ずつに手渡しする。丁寧にお礼を言わないと渡さない。


私は今年、義実家へは行かなかったけど、子どもに

「またお年玉もらうのに並ばされるようなら『いらない』と言って。その分お母さんが多めにあげるから」

と言っておいた。


その話はさておき…。


かつて大手メーカーの役員だった夫の父は、お中元&お歳暮の量がすごかった。

六畳の部屋の半分を占めるほど中元の箱が山積みだった。

クール宅急便の類も多く、冷蔵庫は高級食材でびっしり埋まっていた。

盆に帰省した時は、大きな紙袋3つくらいに「お裾分け」してもらった。(ケチんぼ義父だが、当時は義母が存命中だったので義母がくれた)


そして、義母が亡くなり、義父も退職。

退職したから、もうお中元はないなと思っていた。


仕事関係の中元なんて、退職したら来るわけない。と、思う。

それでもくるなら、よほど人望のある出来た人間だ。


夫は脳天気に「今年もお中元のお裾分けいっぱいもらえるぞ(ビール切望)」などと喜んでいた。


結果 中元は、私ら息子夫婦と弟夫婦、そして二人の嫁の実家からだけだった。(4個)


当然もらえるはずもなく手ぶらで帰って来た。予想どうり。


もちろんお歳暮も。4件のみ。


ありがちだけど、会社での肩書きで人がチヤホヤしているだけなのに勘違い。

年賀状も出しもしないのに300枚くらい来ていたけど、退職した途端激減。ほぼ血族関係とDM年賀状だけになった。(20枚くらい)


今は完全に隠居生活で、近所の昔馴染みがお情けでゴルフに誘う程度。


それに対して、私の叔父(元銀行員、義父と同い年)も義父と同じように妻に先立たれ、一人暮らしだけれど義父とは全然違う日々だ。


銀行のOB会で麻雀やゴルフ、旅行と毎日忙しい。早期退職したので、自由人になって25年くらいたつが中元、お歳暮はすごい量。商品券は私に必ずくれる。


要は、男気があって気前がよいのだ。子どもの頃はよくわからなったけど、この叔父なかなか出来た人だった。早期退職の後は、大手企業から役員へのお誘いがかなりあったらしいが、奥さんの看病で辞めているから全部断ったという。


同じ年で、同じように大きな企業で勤めていても夫の父とは全然違う。


内館牧子さんの「終わった人」を思い出した。

義父は完全に終わった人だ。


会社を退職してから再就職の誘いは一件もない。


当然だ。



私は、出産で仕事をやめ、一度終わってるから、定年退職した人の気持ちがなんとなくわかる。


誰がか言ってた。

50代からは「どうでもいい無駄な友達を作るべし」と。

退職したら友達0、にならないために50代から、遊ぶ友達を作っておいた方がいいと。


夫の父は、いい反面教師だ。



.