夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

コストコで買ってよかったもの④

やっぱりコストコはコスパ最強。


牛乳が切れそうだったので、コストコで調達。1リットル入りのパックが3本で558円。(1本あたり186円(税込))生乳100パーセントでこのお値段はかなりお得。


そして、今日は「ハインツピクニックパック」498円(税込) :ケチャップ2本とマスタード1本、レリッシュ1本、計4本入りがお得だった。1本約125円。

ホットドッグに嬉しい組み合わせ。

自立するので使いやすい。

なかなかレリッシュ(刻みピクルス)は売ってないので嬉しい。



そして、ずっと前から探していたオーバルプレート。カレーやパスタを入れる楕円形タイプ。

4枚入り、特売(400円引き)でなんと1068円(税込)。

1枚 267 円。容量は650ml。

夫には小さいかな、と思ったけど、どのみち毎回お代わりするので、小さくていいや。

この形は省スペースなので、テーブルに並べた時、お皿だらけで料理の置き場がない!と、なりにくい。

重ねると小さくまとまるので、食器棚にゆとりができた。


今まで使っていた円形のは思い切って断捨離。ついでにここ10年一度も登場しなかった和風皿も処分。


ほんとに気に入ったものだけで、ミニマムな暮らしができたらどんなにスッキリすることか-ー。


※お客様用にって、使わないけど大量にストックしてたけど、この10年来客なんてほとんどなし。来てもたいていBBQ。紙皿、プラコップがあれば十分!



~発掘写真シリーズ②~

↑娘3ヶ月。




.

自主機種変

1ヶ月ほど前、スマホを落とした。

保護フィルムも貼っているし、二つ折りのカバーに入れている。

何度も落としたけど無傷!

今回もきっと大丈夫。

拾ってカバンに入れた。そのまま放置。


しばらくしてスマホをチェックしたら、なんと画面がバキバキ!

ショック。


バキバキの画面はやはり反応が悪い。まだ起動するうちに何とかせねば。


ふつうキャリアの利用者はお店に駆け込んで、保険で修理するか、取り替えるか、または機種変するか。代用のスマホも貸してもらえるのかもしれないけど。


私のはSIMフリーの格安スマホ。通信会社も店舗をもたないネットのみ。

壊した時 本当に困る。


バキバキの画面を見ながら、外出先でAmazonを検索。すぐにスマホを買おうとしたけど、テンパってしまい断念。帰宅して自宅のiPadから注文した。


ちょうど大雨の時期で、交通が麻痺している区間があったので、配達まで一週間ほどかかる。仕方ない。

そしてやっと届いた待望のスマホ。同時に強化プラスチックの保護シートとカバーも注文した。←マイナー機種なので付属品は店で買えない。


念願のスマホは、前回よりもグレードアップ。去年の10月に発売された新古品。定価50000円超だけど、新製品が発売になったのでセールでなんと18800円!(税込!)


さっそくSIMカードを入れ換えようとしたら、な、なんとSIMカードのサイズが違う。

やってまった!


同じメーカーだったし、格安だし、慌てていたので仕方がない。

以前のはマイクロSIM、今度のはnanoSIM。マイクロSIMをカットすれば使えるらしいけど、リスクが大きい。自分で切るのは諦めて、プロバイダーに連絡。マイクロSIMからnanoSIMへ交換になった。

nanoSIMを発送してくれている間、なんと通信(通話)ができなくなる、という。仕方ない、格安だもの。


3日ほど、スマホが使えない状態が続き(Wifiは使える)、nanoSIMが届いて即カードを入れた。


前のスマホのデータを新しいスマホに入れ、アプリもダウンロードし設定をし直した。


前のスマホの画像はパソコンに移した。


大変な作業だったけど、なんとか自力でお引っ越しできた! 達成感!

どのみち前のスマホはバッテリーが弱くなっていて、交換時期だっので、寿命だったと自分にいい聞かせる。

でも機種をグレードアップすると、アプリもバージョンアップされてて使いやすい。



~発掘写真シリーズ①~

↑長女2ヶ月、長男2歳と3ヶ月。

.

熱中症ではなかった ~後篇~

「ガッガッガッガッ!!」

「カンカンカンカン!」

という大音量と、体の自由を奪われ薄暗くて狭い土管で耐えること20分。


もう二度とMRI検査はごめんだ、と思っていた。

ネットで調べると、はっきり「閉所恐怖症の方はできません」と書いていたりする。


でも またあの恐怖の体験をしなければいけないらしい。


「蝶形洞副鼻腔炎(ちくのう症)」と診断されて、一週間ほど強めの抗生物質を飲んだ。そして再び診察に行った。レントゲンで鼻の奥を撮影して、膿がなくなっていたら終わり、と期待していた。


でも実際は、見えないところの治療だし、全く自覚症状はないので改善したかどうかがわからない。

「どうですか?」と先生に聞かれても「最初から自覚症状がないので自分ではわかりません」というしかない。

「検査でわかったんですね。そうですよね」

と、なんとも頼りない返事。


「めまいはどうですか?」


そういえば、めまいはすっかりなくなっていた。


「なくなりました」


では、よくなっているということでしょう、とのこと。


確かに。


評判がよく腕のいい医師(この地域で一番人気の耳鼻科)がいうのだから、少しは膿も炎症も治まったのかな。


「今度は少し軽めのお薬で、膿が出やすくするお薬です。二週間後にまた来てくださいね。」


まだ飲み続けるのか。でもどうやら投薬治療で治るようだ。

改善がないなら投薬治療はせず、手術になるはずだ。


「大丈夫ですよ」

と最後に先生が優しく促してくれた。


薬をもらう時、薬剤師さんに尋ねたら、しばらく投薬で様子をみて、数ヶ月したらMRIで確認をするのではないか、とのこと。


MRIは保険がきいて7500円。検査は予約していても2~3時間かかる。何よりあの苦痛をまた味わうとは…。


でも ちくのう症が薬で治るのなら良しとせねば!


昔、母から伯母が受けたちくのう症の手術(60年位前)の話を聞いていたので、とても怖かった。

(興味ある方はネットで調べてください。書くのがためらわれる位怖い手術法です。)


ちくのう症の症状に味覚がわからなくなったり、集中力が低下したりというのがある。会話の内容が入ってこなかったり、テレビを見ても意味がわからなかったり。


治療前、何を食べても美味しくなくて、テレビの内容もよくわからない、という事が多々あった。

でも今は内容がスッと頭に入る。

ご飯も美味しい。


めまいを引き起こすほどの膿や腫れだもの、なんらかの意識障害はおこってもおかしくない。


老化現象かなと思っていたけど、病気が原因のこともあるので、注意したい。


最新の医療ってすごい、感謝🙏



おわり




.

熱中症ではなかった~前篇~

前回のブログでは、自己判断で熱中症だと書いたけど、実は、寝る前に塩分と水分をきちんととっても、翌朝はやはり立ちくらみやめまい、吐き気に悩まされていた。

まぁ、そのうちよくなるだろう、と軽く考えていた。高血圧を抑える薬の副作用でおこることもあるし、更年期の症状ということもある。


ぼんやりそんな事を思いながら、内科の定期検診の時に先生にチラッとめまいの事を言ったら、先生が恐ろしいことを仰った。


「目覚めた時だけ、めまいがあるのは危険なんですよ。朝は、脳がむくんでいるから何か脳腫瘍のような物があると脳を圧迫してめまいが起こるけど、日中徐々にむくみがとれるとめまいはなくなるんです。脳腫瘍があるかもしれないので、早いうちにMRIを受けてみませんか」


「脳腫瘍…。」

思ってもなかった先生の言葉に、手術や闘病、リハビリなどネガティブなイメージが次から次へと沸き起こる。

手術は、どこでしようかな、ママ友の旦那さんが、脳外科医だったな、そっちに頼もうかな、いや、旦那はまだ若い、外科医は若さより経験値! やはり先生に紹介してもらおう! もう すっかり脳腫瘍患者きどり。


大きな病院のMRIの予約を入れてもらい、初めてのMRI検査を受けることになった。


MRI検査と、CT検査、同じだと思ってた。

実際、ぜんっ然 違った!!


頭に、剣道のお面のようなどでかい頑丈な格子の器具を付け、仰向けで固定される。耳には耳栓。鼻までつーんとする。

体が動かない状態にして、手に緊急ブザーを握らされる。

「どうしても耐えられなかったら、押して下さい」


「それでは始めます。時間は20分くらいです。かなり大きな音がしますけど、気にしないで下さい」


「はぁ、」(20分も大音量でこんな狭くて暗いトンネルの中で耐えられるだろうか…、発作が起こったらブザーを押そう)

不安なまま、ひたすら眼を閉じ、20分間必死で耐えた。


~~~一週間後~~~~


検査結果は、かかりつけの先生の方に届いており、私の頭蓋骨の中身を見ながら神妙な顔つき。

「脳内には、萎縮や脳梗塞、脳出血などの異常はみられませんでした。脳腫瘍もないです。ただ問題が…」


「キターっ!!!」


「鼻の奥には鼻腔という空間が4つあるのですが、その一つの一番奥の蝶形洞副鼻腔に炎症と膿がかなりあります。一度耳鼻科でみてもらったらいかがですか?」



かくして私は、『蝶形洞副鼻腔炎』という診断を受けた。いわゆる蓄膿症だ。

程度を聞いたら中程度、薬で効果がなければ手術らしい。

昔と違って手術は、内視鏡で行うので、あまり大掛かりではなさそうで少し安心した。


つづく

初めての熱中症

朝起きたらめまいと吐き気。

ふらふらしながらリビングへ行き、ソファーに倒れ込む。

いつ、えずきだすかわからないので、ビニール袋片手に準備万端。


めまいが少し治まったので、アイスコーヒーとトーストを食べた。

吐き気は空腹からきていたのかも。


食事をし始めたら、めまいも吐き気も治った。念のため「命の母」も飲んだ。(効能の中に、めまいがあったから)


体調不調の原因は、朝目覚めた時のじっとり汗ばんだ不快さと生暖かい部屋にあると本能的に思った。


ネットで熱中症を調べたら、やっぱり症状の第一段階でおこるのが、「めまい」「吐き気」などだった。


寝ている時に熱中症になることがある、と聞いていたけど、まさか自分がなるなんて。

ほんとにびっくり。

てっきり水分不足で炎天下にいた時になるものと思っていた。


家の中でもなるんだな。

エアコン26度設定でかけていたのに…。


これからは24度で朝までずっと、そして寝具は涼しいものに換えよう。


ケチケチして26度の4時間タイマーだったからかな。







皆様もお気をつけて…。(^^;)

.