夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中2男子、女子力高め小6女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

年の差婚のママ友

もうお付き合いがなくなった かつてのママ友Mさんの話。


同じマンションだった。

私は二人目を妊娠中だったので、妊婦にはすぐに気づく、Mさんも妊婦だった。

予定日も私と近いのかなと思った。

Mさんのそばには明らかに年上のダンディーな男性が…。

てっきりMさんのお父さんだろうと思っていた。


それから2年後、マンション内で会話するようになり、互いの自宅でランチをするようになった。


色々たまっていたのか、彼女はしゃべるしゃべる!

わずかな付き合いで、Mさんの生い立ちから現在の状況までのほぼすべてを知ってしまった。

妊婦の時 傍らにいたのはお父さんではなく、ご主人。

なんと その年の差27才。


巷では、いしだ壱成の年の差婚が話題だけど彼女はその上をいく。


Mさんは母子家庭で育ち、ファザコンだと豪語していた。

結婚当時は30才位。社内恋愛、なんと不倫の末の略奪婚!


旦那さんと前妻(共働き)に子どもはいなかった。

旦那さんは、Mさんの事は伏せて「第二の人生を生きよう」的な事を言って前妻と離婚したらしい。

前妻は何も知らないので、慰謝料や財産分与もなくすんなり離婚は成立したらしい。


そして旦那さんの実家を売却してマンションを購入。

ご主人は子どもは出来ない体質とあきらめていたそうだが、不妊治療を始めてすぐに授かったという。


出産時、Mさん32才、旦那さん59才。

現在、Mさん43才、旦那70才。


旦那さんのご両親はすでに亡くなっている。

Mさんは一人っ子。現在72才の実母がいる。


最後に会話したのは8年ほど前。

でもその時すでにお母さん(当時64才位)は、やや介護が必要な状態だった。(認知症?)


今どうしてるだろうMさん。

70才以上の高齢者二人を一人で看てるのかな。

気になるけど、Mさんは気が強くズケズケものを言う 私の苦手なタイプなので、正直もうお付き合いしたくない。


交際開始当時、旦那さんは年収1000万超の管理職で頼もしかったようだ。

北海道や沖縄など 色んな所へ旅行に連れて行ってくれて、ブランド品もたくさん買ってもらったらしい。

バブリーな新婚時代から始まって、今は年金暮らし…。


そこに本当の愛があったなら、今も愚痴ひとつ言わず旦那さんを献身的にお世話しているだろう。


そう願いたい。



.