夕暮れ日記

アラフィフのときどきパート主婦。何かしなきゃと思いつつ、気がつけばいつも夕暮れ。思春期真っ盛りの中学生男子と女子力高め中学女子&無口な旦那の4人暮らし。日々のぼやき日記。

専業主婦。
やらなきゃいけない事は山盛り。なのに気つけば夕暮れ。
12 才の長男は発達障害グレーゾーン。やり場のない思いをボチボチ綴っていきます。

貯金を全部使ったわけ

私は、これまで節約をして少しずつ貯金をしていた。


常に新車がキャッシュで買える金額はあった。


でも、一昨年その現金の貯金のほとんどを使い切ってしまった。


その理由は、義妹&義父。


義妹の夫が職場のお金を横領し、義妹夫婦は離婚、元夫は民事裁判で訴えられたから。


義妹たちは、一度自己破産している、そして今度は横領、スケールアップ。


義父からしたら、そんな娘でも可愛いらしい。何かと援助をしているようだ。


義妹が自己破産した時は、夫が100万円くらい貸したそうだが、もちろん○室 圭さん親子のように、「贈与だという認識でした」とでもいいたいのか、全く返金する気配はない。


義妹が義父に頼り、お金がなくなった義父が次に頼るのは、長男である夫しかない。


貯金の中には、私の結婚前の貯金も含まれている。


義母が10年前に他界してからというもの、贈り物、祝い金の類は皆無でこちらがするばかり。


家を買った時は

「家を建てようが買おうが自由だが、金なら一切ださんからな」


子どもが私立小学校に合格した時も

「勉強ばっかりさせるな。遊ばせろ」


もちろん「おめでとう」の一言もなければ入学祝もなし、ランドセルなどの祝いもなし。


そんな非情な義父が金の無心をしに来たら…、義父に従順な夫は二つ返事で大金を差し出すだろう。

いつも、蛇ににらまれた蛙のような態度で義父の指示に従う夫。


絶対にお金だけは義父にやりたくない。

何が何でも死守してやる。

あんな親父にくれてやるくらいなら使ってやる。


高級車を買った。


ほとんど貯金がなくなった。


お金はまた貯めればいい。

いざとなったら車を売れば半分くらいは戻ってくる。


本当に義父にたかられるのが嫌だった。


義父は夫の携帯にしか電話をかけない。(家電はナンバーディスプレイで私が取らないから)

夫には、もしかしたらすでに金を要求しているかもしれない。


なんせ義実家に行く度「金がない、年金だけでは足りない」と文句ばかり言っている義父。

(年金はひと月あたり30万位もらっているらしい)


まずは自分の浪費癖を直せよ!


夫は貯金「♪ゼロ~」なので、要求されても「子どもにお金がかかるので金ならない」と断るしかない。


実際学費の出費は相当な額。人にあげる余裕なんてない。


友だちで、旦那さんの親に浪費癖があり、年金暮らしになったらとたんに「仕送りしてほしい」と言われ、月10万円ほど援助してあげている人がいる。


その友だち曰わく「本当に何のために働いてるのか!」と怒りを爆発させている。子どもがいない夫婦なので、そんな大金が出せるようだ。


私たちの親世代といえば、贅沢な暮らしをし始めた高度成長期の団塊の世代。一度身についた楽な生活はなかなかやめられないのだろう。


夫の父は74才、高級国産車を運転していて、ゴルフや旅行に精を出す。


生活費30万あって、娘に援助して、足りない分は息子からもらう、その発想になる事だけは勘弁してほしい。




切実な願望。







.